2019年1月 パナマ遠征

年始にパナマへ野鳥観察に行きました。コスタリカとパナマで行き先をどちらにするか迷いましたが、総額が安く抑えられるパナマに決定しました。飛行機、宿+レンタカー(11泊12日分)で二人で約60万円です。コスタリカだと約70万円。その他に1日だけガイドを雇い、その費用が約5万円。パナマやコスタリカはe-birdで情報も沢山掲載されているし、ガイドは不要と思いましたが行きたい場所には入場手続きの面倒そうな場所があり、入れなかったら嫌なので雇いました。

パナマの探鳥地は大きく分けるとGamboa, El valle de Anton, El Chiru, Boquete, Darienなどが有名で、今回はGamboa, El valle de Anton, El Chiruあたりを巡ることとしました。この辺りの道路状況はそんなに悪くはありませんが林道などは悪路なので、レンタカーで行く場合SUV(4WD)であることが必須です。

結果として観察種もライファーもセルフ探鳥にしては結構よかったんじゃないかと思います。何より探鳥しているプロセスそのものが楽しい。
フルタイムで探鳥していないので、フルタイムなら200種ぐらいは見れたのではないでしょうか。全日ガイドを雇えばもっと行くとは思いますが、例え成果が悪くなったとしても、自分で探し出すプロセスそのものを楽しむのもバードウォッチングの魅力の一つなのだと再認識しました。

詳細はフィールドノートをご覧ください。

この遠征の最終成果

観察した野鳥 149
ライファー数 117
2019-01-02〜2019-01-11の間で合計10日探鳥しました。

2019-01-02の成果

観察した野鳥:59種
ライファー数:46種

2019-01-03の成果

観察した野鳥:49種
ライファー数:19種

2019-01-04の成果

観察した野鳥:36種
ライファー数:13種

2019-01-05の成果

観察した野鳥:20種
ライファー数:6種

2019-01-06の成果

観察した野鳥:24種
ライファー数:6種

2019-01-07の成果

観察した野鳥:35種
ライファー数:9種

2019-01-08の成果

観察した野鳥:31種
ライファー数:12種

2019-01-09の成果

観察した野鳥:25種
ライファー数:5種

2019-01-10の成果

観察した野鳥:24種
ライファー数:5種

2019-01-11の成果

観察した野鳥:14種
ライファー数:0種

観察種{{ watcheds.length }}種 / ライファー{{ countLifer(watcheds) }}種

{{ v.animal_page.t_title }}
{{ v.animal_page.english_name || "-" }} / {{ v.animal_page.scientific_name || "-" }}