2021年07月22日(木)
多摩川二ヶ領宿河原堰の野鳥観察記録

日時
2021年07月22日(木) 6:10 ~ 7:28
天候
26
観察種
ライファー
固有種

スズメ

英名 Eurasian Tree Sparrow 学名 Passer montanus
何をくわえているのかよくわかりませんが、スズメは真夏になっても元気いっぱいです。

ハクセキレイ

英名 White Wagtail 学名 Motacilla alba
尾羽も長く伸び、成鳥と変わらない体格ですが、まだ嘴に黄色いところが残っていて、かわいらしい顔をしています。
メモ

川崎市側から観察。
今日も朝から強烈な日差しで、日陰で休み休み、稲田中学校北側から小田急多摩川橋梁まで往復しました。水量は少し減ったようで、浅瀬の小さい石も露出するようになり、セキレイやイソシギ、イカルチドリの姿が見られました。
ワンドの周囲では、一ヶ月ほど前にヨシが半分ほど刈られてから見かけていなかったオオヨシキリの地鳴きらしき声も聞こえましたが、姿を見ることはできませんでした。

確認した野鳥
オレンジ色はライファー
数字は個体数
アオサギ
Grey Heron Ardea cinerea
イカルチドリ
Long-billed Plover Charadrius placidus
イソシギ
Common Sandpiper Actitis hypoleucos
ウグイス
Japanese Bush Warbler Horornis diphone
カイツブリ
Little Grebe Tachybaptus ruficollis
カルガモ
Eastern Spot-billed Duck Anas zonorhyncha
カワウ
Great Cormorant Phalacrocorax carbo
カワセミ
Common Kingfisher Alcedo atthis
コサギ
Little Egret Egretta garzetta
スズメ
Eurasian Tree Sparrow Passer montanus
セグロセキレイ
Japanese Wagtail Motacilla grandis
ダイサギ
Great Egret Ardea alba
ツバメ
Barn Swallow Hirundo rustica
ハクセキレイ
White Wagtail Motacilla alba
ハシボソガラス
Carrion Crow Corvus corone
ムクドリ
White-cheeked Starling Spodiopsar cineraceus
ご回答ありがとうございます

コメント

コメント履歴 {{ comments.length }}

{{ comment.account.name }} {{ comment.account.name }} {{ comment.created_at }}
{{ comment.context }}
あなたも野鳥ライフを記録しませんか?
プロフィール
子供のころ、遊び場だった田んぼでケリと出会い、中学生のときに夏休みの自由研究に選んだコアジサシの姿に魅せられました。いつの日か、ヒマラヤを越えるツルをこの目で見たいと思います。
最近書いたフィールドノート
川崎市側から観察。 水量が多く水もやや濁っていて、鳥の種類も数も少なかったです。しかし堰の上流のワン…
川崎市側から観察。 5月8日以来、約2ヶ月半ぶりに快晴のバードウォッチングでした。水量はまだ多く、野…
川崎市側から観察。 蒸し暑い朝でした。水量も多くいつもセキレイやチドリが多くいる浅瀬も大きな石だけ水…
川崎市側から観察。1ヶ月半ぶりにフィールドノートに「晴」を付けることができました。これから梅雨本番に…
川崎市側から観察。 週末になると朝曇りがちになるサイクルにはまっているようで、わずかに晴れ間があった…
川崎市側から観察。 稲田中学校北側から河川敷に入ると、近くでホトトギスが鳴いていました。生田緑地では…
川崎市側から観察。 丸一週間、ぐずついた天気が続きましたが、久々に雲の切れ間が現れました。稲田中学校…
川崎市側から観察。 この時間でも日差しは強く、途中からは汗を拭きながらの観察になりました。冬鳥はコガ…
川崎市側から観察。コアジサシは10羽近くが堰周辺で採餌したり、少し下流の浅瀬で遊びまわったり、活発に…
川崎市側から観察。冬鳥たちはほとんど旅立っていき、残っているのは各種1~数羽でした。この冬はカモ類の…