2019年05月14日 檜原都民の森の野鳥観察記録

日時:2019年05月14日(Tue) 9:25〜15:50
場所:檜原都民の森
天候: / 14℃
確認した野鳥:15種類
ライファー数:3種類

キクイタダキ

英名:Goldcrest 学名:Regulus regulus
地面を這うキクイタダキ ノートリミング(換算800mm)

クロツグミ

英名:Japanese Thrush 学名:Turdus cardis
霧に包まれている上に、シャッター速度を下げていなかったので露出不足。レタッチしてもこの程度。 ノートリミング(換算800mm)

未同定

冥府を彷徨うかのよう。視界がきかない。これでは鳥見にならないと思ったらこの後念願のクロツグミに遭遇。
メモ

雨で視界も効かないし、あまり期待できないかと思った。しかしライファーであるクロツグミに出会えたし、キクイタダキという思わぬプレゼントも頂いた。
なお、声のみでは他に、コマドリ、ウグイス、コルリそしてアオバト。特にアオバトは始終、あ〜お〜という声が聞こえていて、散々探したが、その姿を見ることはなかった。

※訂正:録音したものを聞いて確認したがコマドリはコルリの間違いと思われる

確認した野鳥
オレンジ色はライファー
数字は個体数
エナガ
Long-tailed Tit / Aegithalos caudatus
カケス
Eurasian Jay / Garrulus glandarius
キクイタダキ
Goldcrest / Regulus regulus
キセキレイ
Grey Wagtail / Motacilla cinerea
キバシリ
Eurasian Treecreeper / Certhia familiaris
キビタキ (雄成2) (雌成1)
Narcissus Flycatcher / Ficedula narcissina
クロツグミ (雄成1)
Japanese Thrush / Turdus cardis
コガラ
Willow Tit / Poecile montanus
ゴジュウカラ
Eurasian Nuthatch / Sitta europaea
センダイムシクイ
Eastern Crowned Warbler / Phylloscopus coronatus
ヒガラ
Coal Tit / Periparus ater
ミソサザイ
Eurasian Wren / Troglodytes troglodytes
ヤブサメ (雄成1) (雌成1)
Asian Stubtail / Urosphena squameiceps
ヤマガラ
Varied Tit / Sittiparus varius
ヤマドリ (雌成1)
Copper Pheasant / Syrmaticus soemmerringii
ご回答ありがとうございます
1人が「役に立った」と答えています

コメント

コメント履歴 {{ comments.length }}

{{ comment.account.name }} {{ comment.account.name }} {{ comment.created_at }}
{{ comment.context }}
あなたも野鳥ライフを記録しませんか?
プロフィール
2014年からバードウォッチングを始めました。
最近書いたフィールドノート
過去の記録 クロジは3号観察小屋脇で見たが、写真にはまともに捉えられなかった。
過去の記録 クロジ谷で初めてクロジを見た
過去の記録 雨の中きつい鳥見だった。キバシリはライファー
過去の記録 ヤブサメはライファー