2019年07月20日(土)
旭岳(展望台)の野鳥観察記録

日時
2019年07月20日(土)
天候
-
観察種
ライファー
固有種

イワヒバリ

英名 Alpine Accentor 学名 Prunella collaris
カヤクグリと思ってたら、、、
写真を見てると下嘴が黒くない。 他の写真でも黒くないのが見れたので、イワヒバリかと。 霧がなかったら良かったのになぁ。

カヤクグリ

英名 Japanese Accentor 学名 Prunella rubida
ガスってたので銀山♀だと間違う
視界不良で取り敢えず撮っとけ作戦でライファーです。

ギンザンマシコ

英名 Pine Grosbeak 学名 Pinicola enucleator
ナナカマドの花を食べてました
銀山猿夫(笑)
霧の中で
撮影に行けてないので仕方なく。

ジョウビタキ

英名 Daurian Redstart 学名 Phoenicurus auroreus
♂の若鳥かと
ガスの中で、ノゴマを撮ったつもりでした。
ガスの中、手当たり次第に、、、

ノゴマ

英名 Siberian Rubythroat 学名 Calliope calliope
初撮影
朝早くは競うように囀ずってました
バスの観光客が来るのを知っているのか9時頃に鳴くのをやめました。

ホシガラス

英名 Spotted Nutcracker 学名 Nucifraga caryocatactes
数少ないその場で同定出来た鳥

ルリビタキ

英名 Red-flanked Bluetail 学名 Tarsiger cyanurus
これもガスに紛れて撮影
雨だから取り敢えず撮っとけ作戦の成果です。
メモ

朝から霧雨。止んだり1mm程度降ったりを繰り返す。
レインパンツ無しでも待てる程度の気温。
先人が第三展望台で見た写真を見せてくれるも成果なし。
裾合平方面へノゴマを撮影したくて移動。
雨足強く沢を越えたところで戻る。
第三展望台で1時間ほど粘ると強雨に。
先人と共に撤収。
半時間ほど駅で温まり、再チャレンジ。
駄目で諦めるも、すり鉢池でそれっぽい姿を発見。
そしてようやく銀山猿子撮影。 ウソとビンズイは
カメラのピントが合う前に飛んで逃げた。

確認した野鳥
オレンジ色はライファー
数字は個体数
イワヒバリ
Alpine Accentor Prunella collaris
ウソ
Eurasian Bullfinch Pyrrhula pyrrhula
カヤクグリ
Japanese Accentor Prunella rubida
ギンザンマシコ
Pine Grosbeak Pinicola enucleator
ジョウビタキ
Daurian Redstart Phoenicurus auroreus
ノゴマ
Siberian Rubythroat Calliope calliope
ハクセキレイ
White Wagtail Motacilla alba
ハシボソガラス
Carrion Crow Corvus corone
ビンズイ
Olive-backed Pipit Anthus hodgsoni
ホシガラス
Spotted Nutcracker Nucifraga caryocatactes
ルリビタキ
Red-flanked Bluetail Tarsiger cyanurus
ご回答ありがとうございます
3人が「役に立った」と答えています

コメント

コメント履歴 {{ comments.length }}

{{ comment.account.name }} {{ comment.account.name }} {{ comment.created_at }}
{{ comment.context }}
あなたも野鳥ライフを記録しませんか?
プロフィール
北海道に住んでいます。 気まぐれに買ったカメラで鳥を撮り始めました。カメラの画素が低く基本ノートリです。 最近は鳥を撮るのが楽しくなっていますが、 いつまで続くでしょうか? カメラが欲しくなってまして、皆さんの装備が大変参考になってます。
最近書いたフィールドノート
9時頃にとうちゃく。もうすでに強風で屋外滞在時間は2分が限界。 車で観察小屋から500mほど手前まで…
晴れで風も少なく残雪なし。 朝、夕共にクマゲラの声を聞くが発見できず。
かなり葉が落ちてきました。 まだフクロウは来ていませんでした。
車に霜がおりるほど寒くなりましたが、ミヤマホオジロか マミチャジナイ見たいなと思い朝活に。 大沢口か…
強い西北西の風を受けて、沢山のノスリが函館方面へ渡って行きました。 渡りも9時頃には一段落。 ヒヨド…
台風の雨が残る4時半起きで出撃。 到着後、晴れて森をうろつく。 帰る前にミサゴが撮れて大満足。
南港野鳥園の撮影で望遠の限界を再び実感し、 北海道に帰る道すがら、事前に物色してた農業公園へ。 サ…