2020年01月13日(月)
鵡川河口の野鳥観察記録

日時
2020年01月13日(月)
場所
鵡川河口,
天候
-
観察種
ライファー
固有種

オオワシ

英名 Steller's Sea Eagle 学名 Haliaeetus pelagicus
左岸にて
メモ

ここは目当ての鳥が出ないと何もなしというリスクが高いです。
右岸を歩いて入るとそのリスクは減らせますが。

確認した野鳥
オレンジ色はライファー
数字は個体数
オオセグロカモメ
Slaty-backed Gull Larus schistisagus
オオハクチョウ
Whooper Swan Cygnus cygnus
オオワシ
Steller's Sea Eagle Haliaeetus pelagicus
トビ
Black Kite Milvus migrans
ノスリ
Eastern Buzzard Buteo japonicus
ハシブトガラス
Large-billed Crow Corvus macrorhynchos
ご回答ありがとうございます

コメント

コメント履歴 {{ comments.length }}

{{ comment.account.name }} {{ comment.account.name }} {{ comment.created_at }}
{{ comment.context }}
あなたも野鳥ライフを記録しませんか?
プロフィール
北海道に住んでいます。 気まぐれに買ったカメラで鳥を撮り始めました。カメラの画素が低く基本ノートリです。 最近は鳥を撮るのが楽しくなっていますが、 いつまで続くでしょうか? カメラが欲しくなってまして、皆さんの装備が大変参考になってます。
最近書いたフィールドノート
今朝、積雪があり鳥の活動が低いと聞く。 ふれあいコースは諦めて、前回良かった エゾユズリハコースへ。
コンテナヤードと発電所、圃場を散策。 比較的暖かいものの道は凍ったままで走りやすい。
朝はけっこう雪が降ってました。 道はミッドカットくらいなら歩ける感じ。 雪が増えて歩きやすくなった。
右岸にオジロワシ、オオワシが止まる木が有るが 田畑に囲まれており接近不可です。 近くの沙流川の両岸も…
木道に氷無く、歩きやすい。 ネイチャーセンター側は、流入口近く以外結氷。
雀と思ったが、ホオジロの越冬個体が数羽。 いつもの木にオジロワシの親子が3羽。 電柱にノスリが2羽。…
弁天沼上空に猛禽を確認するもすぐ降下したため、種別不明。 鵡川に向かう道中、上空に待機してるノスリを…
右岸も雪がなく歩きやすいので、人工干潟まで。遠く陸橋方面にオオワシ2羽確認。 ユキホオジロ確認後、左…
今朝までの雨で積雪はほぼ無くなるも、踏まれてた氷と水溜まりは 寒気の影響で凶悪ツルツル歩道に変身。 …