2016年07月17日(日)
阿里山国家風景区の野鳥観察記録

日時
2016年07月17日(日) 5:30 ~ 12:30
天候
-
観察種
ライファー
固有種

アリサンヒタキ

英名 Collared Bush Robin 学名 Tarsiger johnstoniae
阿里山へ探鳥へ行った際に撮影した写真を、誤ってすべてRAW撮影してしまい現像に多くの時間がかかりましたが、幾つか新たに現像したものを掲載します。

ウチダウソ

英名 - 学名 -

カンムリチメドリ

英名 Taiwan Yuhina 学名 Yuhina brunneiceps

シマドリ

英名 Taiwan Barwing 学名 Actinodura morrisoniana

ミヤマヒタキ

英名 Ferruginous Flycatcher 学名 Muscicapa ferruginea

ヤブドリ

英名 Steere's Liocichla 学名 Liocichla steerii
メモ

阿里山国家風景区は台湾のちょうど真ん中あたりに位置する自然保護区です。標高は約2200mで、熱帯の台湾であっても最高でも18度ぐらいと涼しい場所。

台湾の探鳥地として有名なので、行ってみることにしました。

台北(松山空港)→高鐵台北→高鐵嘉義→阿里山というルートで行っています。高鐵嘉義から阿里山はタクシーで2300台湾ドルで行けました。

阿里山国家風景区はエリアが広いので探鳥地選びに迷いますが、沼平公園周辺を散策すると多くの鳥に出会えます。

姉妹潭などの散策路は観光地化しており人が多く、野鳥は期待できません。

阿里山は天候が悪く、10時ぐらいから曇りだし、14時頃に雨が降り、濃霧が出ます。これは地形的な関係で、ほぼそういう天候になるそう。なので、探鳥出来るのは朝から昼までです。

確認した野鳥
オレンジ色はライファー
数字は個体数
アリサンヒタキ (固有種)
Collared Bush Robin Tarsiger johnstoniae
カンムリチメドリ (固有種)
Taiwan Yuhina Yuhina brunneiceps
キバラシジュウカラ
Green-backed Tit Parus monticolus
ゴジュウカラ
Eurasian Nuthatch Sitta europaea
シマドリ (固有種)
Taiwan Barwing Actinodura morrisoniana
ヒガラ
Coal Tit Periparus ater
ミヤマヒタキ
Ferruginous Flycatcher Muscicapa ferruginea
ヤブドリ (固有種)
Steere's Liocichla Liocichla steerii
ご回答ありがとうございます

コメント

コメント履歴 {{ comments.length }}

{{ comment.account.name }} {{ comment.account.name }} {{ comment.created_at }}
{{ comment.context }}
あなたも野鳥ライフを記録しませんか?