分類・種名

和名
アカショウビン (赤翡翠)
英名
Ruddy Kingfisher
学名
Halcyon coromanda
保存状況評価
LC 低リスク
「低懸念」<低危険種>

生息地・分布

日本や朝鮮半島、フィリピン、中国大陸からインドなど、東アジアや東南アジアに分布する。 日本では夏鳥として北海道から沖縄まで飛来し、繁殖している。沖縄県の西表島は日本でも有数のアカショウビンの繁殖地となっている。冬には東南アジアへ渡っていく。

実際に観察された地域

北海道 青森県 東京都 神奈川県 新潟県 長野県 岐阜県 静岡県 滋賀県 大阪府 兵庫県 鳥取県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 沖縄県 北スラウェシ州(インドネシア) パンガー県(タイ)

生息環境

森林に生息する。

形態・特徴

体長約27cmで翼開長は約40cm。頭から背中にかけて赤い羽根で覆われていて、腹部はオレンジ色。腰は水色だが見えにくい。大きなくちばしと足も赤い。 亜種にリュウキュウアカショウビンがいて、こちらはやや紫がかっている。

腰部
写真のように水色の羽毛がある。
撮影者: みっちー 撮影日: 2014-06-26 撮影場所: -

鳴き声・さえずり

キョロロロロ〜

その他生態

動物食で、渓流に飛び込み魚やカエル、サワガニなどをとらえる。 地面のカタツムリやトカゲをとらえたり、昆虫を襲い食べることもある。

写真一覧 110枚