八東ふるさとの森(シーズン前の下見)、広留野高原

日時:2019年04月13日(土) 13:00〜15:00
場所:八東ふるさとの森、広留野高原(鳥取県八頭郡)
天候: / 15℃
確認した野鳥:3種類
ライファー数:4種類

ヒバリ

英名:Eurasian Skylark 学名:Alauda arvensis
墜落後、立ち直ったヒバリ
標高900mの高原で、高~く飛んでいるのを見ていたら突然落ちてきて、ぐったり。5分ほどで起き上がってゆっくり歩き始めたので撮れました。
メモ

アカショウビンやコノハズクが見られるという八東ふるさとの森に下見に行って来ました。アカショウビンは5月中旬から、コノハズクは6月中旬から見られるが、早朝・夜間の為、バンガローに泊まらなければならないとの事でした。テントサイトが川に近いので、その時期はキャンプはできないとの事。コノハズクが卵を抱いたら、夜、巣箱をライトアップしますが、確実に見られるというわけではないんですよとの事でした。今日はまだ今年のオープン前でしたが、とても親切に説明して下さいました。小さい鳥たちとニホンアナグマの写真を撮ってから、すぐ近くの広留野高原へ。広留野の大鹿滝にも行きたかったのですが、熊が出ると聞いたので入り口で断念。でもすばらしい眺めでした。八東ふるさとの森にいたニホンアナグマですが、最初はハクビシンかと思いました。バンガローの近くで私を完全に無視しながら、ゆったりと何かを見つけては食べてました。

確認した野鳥
オレンジ色はライファー
数字は個体数
キセキレイ (雄成1) (雌成1) (成3)
Grey Wagtail / Motacilla cinerea
シジュウカラ (成3)
Japanese Tit / Parus minor
ヒバリ (成1)
Eurasian Skylark / Alauda arvensis
ご回答ありがとうございます
1人が「役に立った」と答えています

コメント

コメント履歴 {{ comments.length }}

{{ comment.account.name }} {{ comment.account.name }} {{ comment.created_at }}
{{ comment.context }}
あなたも野鳥ライフを記録しませんか?
プロフィール
空を飛んでる大きな鳥は、ミサゴとカラス以外は全部トンビだと思ってましたが、このサイトで大きな間違いだったと判明。野鳥を撮れるようなカメラもレンズも持ってないのですが、どっちみち上手じゃないので当分は手持ちのでがんばってみようと思います。
最近書いたフィールドノート