2019年08月11日(日)
サロベツ湿原の野鳥観察記録

遠征まとめ 道北遠征2019夏
日時
2019年08月11日(日)
場所
サロベツ湿原
天候
-
観察種
ライファー
固有種

オオジュリン

英名 Common Reed Bunting 学名 Emberiza schoeniclus
♀のオオジュリン
一瞬シマアオジかと思いましたが色が違った。
雌雄が居ました

ノビタキ

英名 Stejneger's Stonechat 学名 Saxicola stejnegeri
ノビタキ♂
ノビタキ祭でした

ハシボソガラス

英名 Carrion Crow 学名 Corvus corone
ハシボソガラス
早朝から鳴いてました

ベニマシコ

英名 Long-tailed Rosefinch 学名 Carpodacus sibiricus
1時間以上居ました
雄が近くで囀ずってましたが見えず。代わりに被写体として活躍してくれました。
メモ

シマアオジは確認できず。
エゾセンニュウ、オオジシギは声だけ。
カッコウは飛んでました。

確認した野鳥
オレンジ色はライファー
数字は個体数
エゾセンニュウ
Sakhalin Grasshopper Warbler Locustella amnicola
オオジシギ
Latham's Snipe Gallinago hardwickii
オオジュリン
Common Reed Bunting Emberiza schoeniclus
カッコウ
Common Cuckoo Cuculus canorus
ノビタキ
Stejneger's Stonechat Saxicola stejnegeri
ハシボソガラス
Carrion Crow Corvus corone
ベニマシコ
Long-tailed Rosefinch Carpodacus sibiricus
ご回答ありがとうございます
1人が「役に立った」と答えています

コメント

コメント履歴 {{ comments.length }}

{{ comment.account.name }} {{ comment.account.name }} {{ comment.created_at }}
{{ comment.context }}
あなたも野鳥ライフを記録しませんか?
プロフィール
北海道に住んでいます。 気まぐれに買ったカメラで鳥を撮り始めました。カメラの画素が低く基本ノートリです。 最近は鳥を撮るのが楽しくなっていますが、 いつまで続くでしょうか? カメラが欲しくなってまして、皆さんの装備が大変参考になってます。
最近書いたフィールドノート
鵡川河口へコミミとハイチュウを探しに行くも空振り。
今日は観察者が多かった。 朝は小雨で、9時過ぎから明るくなった。 温かいので小鳥は活発。 8時頃灌木…
公園から入って札内川沿いを下流へ。 やがて未舗装となるも道路は繋がっている。 見易い堤防からは逆光で…
護国神社と敷地を共有。 もう少し滞在して川の方に行っても良かったかも。 次回はもう少し早い時間に広い…
ハクガンが見たくて三日月沼を目指す。 宮島沼や長都沼、舞鶴遊水地と異なり 車を止めておける所がない。…
9時頃にとうちゃく。もうすでに強風で屋外滞在時間は2分が限界。 車で観察小屋から500mほど手前まで…
晴れで風も少なく残雪なし。 朝、夕共にクマゲラの声を聞くが発見できず。