2019年08月11日 サロベツ湿原の野鳥観察記録

遠征まとめ:道北遠征2019夏
日時:2019年08月11日(日) ~
場所:サロベツ湿原
天候: /
確認した野鳥:7 種類
ライファー数:0 種類

オオジュリン

英名:Common Reed Bunting 学名:Emberiza schoeniclus
♀のオオジュリン
一瞬シマアオジかと思いましたが色が違った。
雌雄が居ました

ノビタキ

英名:Stejneger's Stonechat 学名:Saxicola stejnegeri
ノビタキ♂
ノビタキ祭でした

ハシボソガラス

英名:Carrion Crow 学名:Corvus corone
ハシボソガラス
早朝から鳴いてました

ベニマシコ

英名:Long-tailed Rosefinch 学名:Carpodacus sibiricus
1時間以上居ました
雄が近くで囀ずってましたが見えず。代わりに被写体として活躍してくれました。
メモ

シマアオジは確認できず。
エゾセンニュウ、オオジシギは声だけ。
カッコウは飛んでました。

確認した野鳥
オレンジ色はライファー
数字は個体数
エゾセンニュウ
Sakhalin Grasshopper Warbler / Locustella amnicola
オオジシギ
Latham's Snipe / Gallinago hardwickii
オオジュリン
Common Reed Bunting / Emberiza schoeniclus
カッコウ
Common Cuckoo / Cuculus canorus
ノビタキ
Stejneger's Stonechat / Saxicola stejnegeri
ハシボソガラス
Carrion Crow / Corvus corone
ベニマシコ
Long-tailed Rosefinch / Carpodacus sibiricus
ご回答ありがとうございます
1人が「役に立った」と答えています

コメント

コメント履歴 {{ comments.length }}

{{ comment.account.name }} {{ comment.account.name }} {{ comment.created_at }}
{{ comment.context }}
あなたも野鳥ライフを記録しませんか?
プロフィール
北海道に住んでいます。 気まぐれに買ったカメラで鳥を撮り始めました。カメラの画素が低く基本ノートリです。 最近は鳥を撮るのが楽しくなっていますが、 いつまで続くでしょうか? カメラが欲しくなってまして、皆さんの装備が大変参考になってます。
最近書いたフィールドノート
朝4時前から鳴き声がして、空を見上げるとオジロワシの大人が。 相方が巣を発見。
朝から霧雨。止んだり1mm程度降ったりを繰り返す。 レインパンツ無しでも待てる程度の気温。 先人が第…
近くに沼があるものの、花を見に来る人が多くて鳥を撮影してられませんでした。
ノゴマを撮影したくて、私にしてみればかなりの遠征。 いつもの苫小牧近辺より気温が高いのか、はまなすの…
クマゲラの巣にはロープが張られているが人気なし。 木が繁っており、水浴び狙いがメインとなる。 鳴き声…
森が繁って来ており段々と鳥が見つけにくくなってます。 水浴び狙いが有効なので、水辺周辺で探すことが多…
いつもより水量多く、入り口道路が水没。 初めてだと入れないかも。 植物調査で中の方に入っている2名あ…
カメラマン激減。おそらくクマゲラの雛が巣立ったのだと思う。 いつもの平和な研究林に戻って嬉しい。