2019年10月12日(土)
ケアンズの野鳥観察記録

日時
2019年10月12日(土) 7:00 ~ 18:20
場所
ケアンズ
天候
-
観察種
ライファー
固有種

アオアシシギ

英名 Common Greenshank 学名 Tringa nebularia
他のシギチと比べてそれなりに大きいので目立つ上に見慣れている種類はパっとわかる。座って休んでいるのはムナグロとオオメダイチドリ。

アオツラミツスイ

英名 Blue-faced Honeyeater 学名 Entomyzon cyanotis
初日はこのときしか見れなかったし頑張って追いかけて撮ろうとしたけど、2日目以降はその辺にたくさんいることがわかってあまり狙って撮らなくなった…(^o^;)

アオマメガン

英名 Green Pygmy Goose 学名 Nettapus pulchellus
アオマメガンが泳いでるだけの動画も撮った https://www.youtube.com/watch?v=sBRjVhfKooA

アカエリシロチドリ

英名 Red-capped Plover 学名 Charadrius ruficapillus
日本でいうシロチドリ的な存在。

イエスズメ

英名 House Sparrow 学名 Passer domesticus
ホテル周辺でちょくちょく見られました

イチジクインコ

英名 Double-eyed Fig Parrot 学名 Cyclopsitta diophthalma
亜種C. d. macleayana
アイアンレンジでは別の亜種C. d. marshalliが見られたがまずはケアンズのものを。
背中の赤い斑もチャーミング。ケアンズ墓地にて撮影。

インドハッカ

英名 Common Myna 学名 Acridotheres tristis
東南アジアでもよく見ているけどオーストラリアでもよく見かけた。都市部で大繁殖している外来種。ホテル前で撮影。

ウズラシギ

英名 Sharp-tailed Sandpiper 学名 Calidris acuminata
ウズラシギは葛西で見て以来2回目の出会い。しかし今回は遠い~。でも一応ウズラシギとわかる。この画面の外にももう一羽いた。

オオアジサシ

英名 Greater Crested Tern 学名 Thalasseus bergii
単独の写真ではサイズ感が伝わらないけど名前の通り見た感じもコアジサシよりでかく感じます

オオソリハシシギ

英名 Bar-tailed Godwit 学名 Limosa lapponica

オオニワシドリ

英名 Great Bowerbird 学名 Chlamydera nuchalis

オオメダイチドリ

英名 Greater Sand Plover 学名 Charadrius leschenaultii
日本ではタイミングが合わず外し続けていたオオメダイチドリ。ここにきてようやく会えた。思ってた通りだいぶでかい!こちらはメダイチドリよりオオメダイチドリの方が多数派のよう。

オニアジサシ

英名 Caspian Tern 学名 Hydroprogne caspia
この秋、三番瀬に現れて首都圏バードウォッチャーを賑わせたオニアジサシ。ケアンズの干潟で一足先に見ることができました。

オーストラリアアナツバメ

英名 Australian Swiftlet 学名 Aerodramus terraereginae
アナツバメ類は種類も多くて識別困難ですがここはオーストラリアなのでオーストラリアアナツバメ。ケアンズ墓地にて。

オーストラリアイシチドリ

英名 Bush Stone-curlew 学名 Burhinus grallarius
ジト目
ケアンズ墓地にて。彼らにとっては墓地も「岩場のある草原」のようで過ごしやすいみたいです。

オーストラリアクロトキ

英名 Australian White Ibis 学名 Threskiornis molucca
市内の公園の池です。中央がオーストラリアクロトキ、手前はカササギガン、左はオーストラリアヘラサギ。トキにガンにヘラサギがいたら日本だったら大騒ぎになりそう。しかし英名がwhite ibisなのに和名がクロトキなのがちょい違和感。

オーストラリアチョウショウバト

英名 Peaceful Dove 学名 Geopelia placida
ホテル周辺にて。東南アジアのチョウショウバトZebra Doveとは別種なんですね。見た目もなんとなく違います。

オーストラリアツカツクリ

英名 Orange-footed Scrubfowl 学名 Megapodius reinwardt
よく見かけたけど薄暗い場所にいることが多かった。明るいところに出てもササっと通り過ぎてしまいます。
薄暗い場所でよく見かけたトンガリ頭。

オーストラリアツバメ

英名 Welcome Swallow 学名 Hirundo neoxena
初めて見たときリュウキュウツバメかと思いました(^^;)

オーストラリアヘビウ

英名 Australasian Darter 学名 Anhinga novaehollandiae
ちょっと遠かったけど初オーストラリアヘビウ

オーストラリアヘラサギ

英名 Royal Spoonbill 学名 Platalea regia
何も考えずに撮っていたけど後で見返したら同じようなポーズの写真に。

オーストラリアマルハシ

英名 Grey-crowned Babbler 学名 Pomatostomus temporalis
枝被りだけど一応撮れた。アイアンレンジからの帰りに車で移動するときにもいたらしいけど自分には見えなかったのでマルハシはこれが最初で最後の出会いでした。

カササギガン

英名 Magpie Goose 学名 Anseranas semipalmata
3羽の並び方がいい感じ!

カノコバト

英名 Spotted Dove 学名 Spilopelia chinensis
ホテル前、早朝。
ホテル前、夕方。

カワラバト

英名 Rock Dove 学名 Columba livia
ホテル周辺にいたドバト。一応オーストラリアでも見ましたという記録。

キイロミツスイ

英名 Yellow Honeyeater 学名 Stomiopera flava
キバラタイヨウチョウかと思ったらキイロミツスイ。
急に飛んできてカメラにとびかかってくるかと思ったらちょうど自分の立っていた隣の木に。
夕方、ホテル敷地内でも見られた!

キバタン

英名 Sulphur-crested Cockatoo 学名 Cacatua galerita
遠かったけど初キバタン。たくさん見かけるけどなんだかなかなかちゃんと撮る機会があまりなかった。

キバラタイヨウチョウ

英名 Olive-backed Sunbird 学名 Cinnyris jugularis
早朝、ホテルのアンテナにいたキバラタイヨウチョウ。コンデジ撮影。

キョウジョシギ

英名 Ruddy Turnstone 学名 Arenaria interpres
日本でもお馴染み。

ギンカモメ

英名 Silver Gull 学名 Chroicocephalus novaehollandiae
オーストラリアのカモメといえばギンカモメ!

クロサギ

英名 Pacific Reef Heron 学名 Egretta sacra
もうちょっと近い位置にいたときにちょうどバッテリー切れ。車に置きっぱなしだった予備を取りに戻って帰ってきたら少し遠くに。でもまだいてくれて良かった。日本ではクロサギ目撃例がある場所でまだ探鳥したことないので初見。

クロモズガラス

英名 Black Butcherbird 学名 Melloria quoyi
暗かったけど必死に撮りました。嘴基部が白いのが特徴的ですが、よく見ると上嘴の先端はモズのように鋭く尖っています。

ケープヨークハゲミツスイ

英名 Hornbill Friarbird 学名 Philemon yorki
もらったリストだとトサカハゲミツスイと記載されていましたが、調べているとケープヨークハゲミツスイとして独立種扱いされることもあるような記述があるので、ここではケープヨークハゲミツスイで登録。夕方、ホテル敷地内にて。この木に蜜を吸いにいろいろ鳥がやってきます。

コセイガイインコ

英名 Scaly-breasted Lorikeet 学名 Trichoglossus chlorolepidotus
ゴシキセイガイインコに比べると圧倒的少数だったコセイガイインコ。英名の由来どおりScalyなbreastです。

ゴシキセイガイインコ

英名 Rainbow Lorikeet 学名 Trichoglossus moluccanus
仲良し。
どこでも見かけるゴシキセイガイインコ。

サメイロミツスイ

英名 Brown Honeyeater 学名 Lichmera indistincta
とても地味なタイプのミツスイです。「これが特徴」というのが言いにくい上に「サメイロ」が何色なのかもよくわからない(^o^;)

シマキンパラ

英名 Scaly-breasted Munia 学名 Lonchura punctulata
シマキンパラは東南アジアでこれまで何回か見ていますがオーストラリアでもちょいちょい出てくれました。

シマコキン

英名 Chestnut-breasted Mannikin 学名 Lonchura castaneothorax
ケアンズ空港の植栽の中にいたシマコキン。コンデジ撮影。撮影時は中央に写ってるやつしか見えてなかったけどあとで写真を見返すと右下にも写ってた!最初から見えてたら2羽ちゃんと入るように狙ったのですが(^o^;) もっと見れるかと思ったら意外と(?)見かけなかった。

シロガシラサギ

英名 White-necked Heron 学名 Ardea pacifica

シロハラコウライウグイス

英名 Olive-backed Oriole 学名 Oriolus sagittatus
チラっと見えるので識別はできるけど、もうちょっと白いハラが見たかった。この角度でしか撮れてない。メガネコウライウグイスとキミドリコウライウグイスはちょくちょく見たけどシロハラコウライウグイスは少なめ。

シロハラコビトウ

英名 Little Pied Cormorant 学名 Microcarbo melanoleucos

ズグロトサカゲリ

英名 Masked Lapwing 学名 Vanellus miles
ほとんどどこにでもいたズグロトサカゲリ。タイのインドトサカゲリ的な鳥。声もケケケーとにぎやか。

ズグロハゲミツスイ

英名 Noisy Friarbird 学名 Philemon corniculatus
この木で待っているだけでいろんな鳥が次々に集まる!

チュウサギ

英名 Intermediate Egret 学名 Ardea intermedia
左下はコサギ。

チュウシャクシギ

英名 Whimbrel 学名 Numenius phaeopus

ツチスドリ

英名 Magpie-lark 学名 Grallina cyanoleuca
ホテル周辺にて。結構声でかいですね。

テリオウチュウ

英名 Spangled Drongo 学名 Dicrurus bracteatus

トウネン

英名 Red-necked Stint 学名 Calidris ruficollis

トサカレンカク

英名 Comb-crested Jacana 学名 Irediparra gallinacea
遠かったけど初トサカレンカク。

トビ

英名 Black Kite 学名 Milvus migrans
トビのオーストラリア亜種
日本にいるのはM. m. lineatus(Black-eared Kite)という亜種ですが、オーストラリアにいるのは別亜種M. m. affinis(Fork-tailed Kite)のようです。日本のと比べて頭は白っぽく、Fork-tailedという名の通り尾の形も違っています。トビとフエフキトビはたくさん見かけたけど逆にあまり撮影していない…

ノドジロセンニョムシクイ

英名 White-throated Gerygone 学名 Gerygone olivacea
巣材集め中のようで同じ木に何回も来ていました。

ノドジロハチマキミツスイ

英名 White-throated Honeyeater 学名 Melithreptus albogularis
頭かゆい

ハシブトアジサシ

英名 Gull-billed Tern 学名 Gelochelidon nilotica
干潟ではアジサシ類も数種類見られました。

ハシブトオオイシチドリ

英名 Beach Stone-curlew 学名 Esacus magnirostris
バロン川河口付近。もうちょっとちゃんと撮りたかったけど、1台しか通れない橋の上で偶然見られたので交通の妨げにならないよう車の中から短時間撮影でした。海岸で営巣するけど、アウトドア好きなオーストラリア人の性格から、近年居場所が少なくなってきている種類のようです。

ハチクイ

英名 Rainbow Bee-eater 学名 Merops ornatus
飛んでる虫を空中でキャッチします。狩りの達人。達鳥?
一応飛翔シーンも。
ハチクイはケアンズ墓地でよく見られました。逆に他の場所ではあまり見かけず。

パプアソデグロバト

英名 Torresian Imperial Pigeon 学名 Ducula spilorrhoa
ホテル敷地内、早朝。
ホテル敷地内、夕方。

ヒメハゲミツスイ

英名 Little Friarbird 学名 Philemon citreogularis

ベンガルアジサシ

英名 Lesser Crested Tern 学名 Thalasseus bengalensis
遠すぎるベンガルアジサシ

ホウロクシギ

英名 Far Eastern Curlew 学名 Numenius madagascariensis

ホオアオサメクサインコ

英名 Pale-headed Rosella 学名 Platycercus adscitus
下尾筒赤い。
上尾筒青い。

マミジロカルガモ

英名 Pacific Black Duck 学名 Anas superciliosa
ぱっと見は日本にいるカルガモっぽい雰囲気だけどよく見たら違う。

ムギワラトキ

英名 Straw-necked Ibis 学名 Threskiornis spinicollis
ケアンズ墓地にて。上空を通過。

メガネコウライウグイス

英名 Australasian Figbird 学名 Sphecotheres vieilloti
ホテル前にて。結構あちこちで見かけた。
Granite Gorge Nature Parkにて。雌っぽい雄。若鳥。

モリツバメ

英名 White-breasted Woodswallow 学名 Artamus leucorynchus
フィリピンでも見られたモリツバメに再会。ケアンズ墓地にて。
バロン川河口付近の干潟(マッカンズビーチ)にて。

ヤドリギハナドリ

英名 Mistletoebird 学名 Dicaeum hirundinaceum
ケアンズ墓地にて

ヤブツカツクリ

英名 Australian Brushturkey 学名 Alectura lathami

ヨコフリオウギビタキ

英名 Willie Wagtail 学名 Rhipidura leucophrys
尾を横に振ってる感じが伝わる写真になったかな。
ホテル敷地内、夕方。

ライチョウバト

英名 Squatter Pigeon 学名 Geophaps scripta
数羽で行動していました。近付いてもあまり逃げなかったです。

ワライカワセミ

英名 Laughing Kookaburra 学名 Dacelo novaeguineae
ホテル敷地内にて初ワライカワセミ。オーストラリアに来たら絶対見たかった種類ですが逆光だったけどいきなり見れた!
ホテル周辺の民家前。

未同定

番外編:マリーバイワワラビー
番外編:マリーバイワワラビー

Torresian Kingfisher

英名 Torresian Kingfisher 学名 Todiramphus sordidus
トレスショウビン。遠征最終日にたっぷり見れましたが、初日は飛ぶとこが撮れただけでした。
メモ

台風接近で当初予定の便が欠航しそうだったので、直前にいろいろ変更して急遽1日前倒して出発しました。その日以降は宿の予定等決まってしまっているため、1日目はケアンズ周辺で探鳥することに。せっかくなのでこの日も太田さんにガイドをお願いしました。

5時頃ケアンズ国際空港に到着し、タクシーで一旦宿へ向かい、荷物を置いて7時ごろから迎えに来てもらってスタート。市内の公園や墓地や池から始まり、マリーバ付近、バロン川河口の海岸沿いの干潟など、各ポイントを移動しながら探鳥し、1日で80種類を超える過去最高記録となりました。単独探鳥だと事前にたっぷりリサーチしてなければ1日でここまでの成果はないでしょう(単独ならシギチにもっと近付けそうではありますが)。ケアンズ周辺は近場にいろんな環境があって各地で見られる鳥が違い、今回の1日だけでは到底回り切れていないので、いつか4泊5日ぐらいでじっくりまわりたい。今回見られなかったヒジリショウビンや時期的にまだだったシラオラケットカワセミも見たいし、ミコマスケイも行ってみたい。

・ダイサギは亜種チュウダイサギ(Eastern great egret)
・イチジクインコは亜種macleayana

確認した野鳥
オレンジ色はライファー
数字は個体数
アオアシシギ
Common Greenshank Tringa nebularia
アオツラミツスイ
Blue-faced Honeyeater Entomyzon cyanotis
アオマメガン
Green Pygmy Goose Nettapus pulchellus
アカエリシロチドリ
Red-capped Plover Charadrius ruficapillus
アカオクロオウム (固有種)
Red-tailed Black Cockatoo Calyptorhynchus banksii
アマサギ
Eastern Cattle Egret Bubulcus coromandus
イエスズメ
House Sparrow Passer domesticus
イチジクインコ
Double-eyed Fig Parrot Cyclopsitta diophthalma
インドハッカ
Common Myna Acridotheres tristis
ウズラシギ
Sharp-tailed Sandpiper Calidris acuminata
オオアジサシ
Greater Crested Tern Thalasseus bergii
オオソリハシシギ
Bar-tailed Godwit Limosa lapponica
オオヅル
Sarus Crane Antigone antigone
オオニワシドリ (固有種)
Great Bowerbird Chlamydera nuchalis
オオメダイチドリ
Greater Sand Plover Charadrius leschenaultii
オナガテリカラスモドキ
Metallic Starling Aplonis metallica
オニアジサシ
Caspian Tern Hydroprogne caspia
オバシギ
Great Knot Calidris tenuirostris
オーストラリアアナツバメ (固有種)
Australian Swiftlet Aerodramus terraereginae
オーストラリアイシチドリ
Bush Stone-curlew Burhinus grallarius
オーストラリアクロトキ
Australian White Ibis Threskiornis molucca
オーストラリアツカツクリ
Orange-footed Scrubfowl Megapodius reinwardt
オーストラリアツバメ
Welcome Swallow Hirundo neoxena
オーストラリアヘビウ
Australasian Darter Anhinga novaehollandiae
オーストラリアヘラサギ
Royal Spoonbill Platalea regia
オーストラリアマルハシ
Grey-crowned Babbler Pomatostomus temporalis
カササギガン
Magpie Goose Anseranas semipalmata
カノコバト
Spotted Dove Spilopelia chinensis
カワラバト
Rock Dove Columba livia
キイロミツスイ (固有種)
Yellow Honeyeater Stomiopera flava
キバタン
Sulphur-crested Cockatoo Cacatua galerita
キバラタイヨウチョウ
Olive-backed Sunbird Cinnyris jugularis
キミドリコウライウグイス
Green Oriole Oriolus flavocinctus
キョウジョシギ
Ruddy Turnstone Arenaria interpres
ギンカモメ
Silver Gull Chroicocephalus novaehollandiae
クロサギ
Pacific Reef Heron Egretta sacra
クロモズガラス
Black Butcherbird Melloria quoyi
ケープヨークハゲミツスイ (固有種)
Hornbill Friarbird Philemon yorki
コキミミミツスイ (固有種)
Yellow-spotted Honeyeater Meliphaga notata
コサギ
Little Egret Egretta garzetta
コセイガイインコ (固有種)
Scaly-breasted Lorikeet Trichoglossus chlorolepidotus
ゴシキセイガイインコ
Rainbow Lorikeet Trichoglossus moluccanus
サメイロミツスイ
Brown Honeyeater Lichmera indistincta
サルハマシギ
Curlew Sandpiper Calidris ferruginea
シマキンパラ
Scaly-breasted Munia Lonchura punctulata
シマコキン
Chestnut-breasted Mannikin Lonchura castaneothorax
シロガシラサギ
White-necked Heron Ardea pacifica
シロハラコウライウグイス
Olive-backed Oriole Oriolus sagittatus
シロハラコビトウ
Little Pied Cormorant Microcarbo melanoleucos
ズグロトサカゲリ
Masked Lapwing Vanellus miles
ズグロハゲミツスイ
Noisy Friarbird Philemon corniculatus
ソリハシシギ
Terek Sandpiper Xenus cinereus
ダイサギ
Great Egret Ardea alba
チュウサギ
Intermediate Egret Ardea intermedia
チュウシャクシギ
Whimbrel Numenius phaeopus
ツチスドリ
Magpie-lark Grallina cyanoleuca
テリオウチュウ
Spangled Drongo Dicrurus bracteatus
トウネン
Red-necked Stint Calidris ruficollis
トサカレンカク
Comb-crested Jacana Irediparra gallinacea
トビ
Black Kite Milvus migrans
ノドジロセンニョムシクイ
White-throated Gerygone Gerygone olivacea
ノドジロハチマキミツスイ
White-throated Honeyeater Melithreptus albogularis
ハシブトアジサシ
Gull-billed Tern Gelochelidon nilotica
ハシブトオオイシチドリ
Beach Stone-curlew Esacus magnirostris
ハチクイ
Rainbow Bee-eater Merops ornatus
パプアオオサンショウクイ
White-bellied Cuckooshrike Coracina papuensis
パプアソデグロバト
Torresian Imperial Pigeon Ducula spilorrhoa
ヒメハゲミツスイ
Little Friarbird Philemon citreogularis
フエフキトビ
Whistling Kite Haliastur sphenurus
ベンガルアジサシ
Lesser Crested Tern Thalasseus bengalensis
ホウロクシギ
Far Eastern Curlew Numenius madagascariensis
ホオアオサメクサインコ (固有種)
Pale-headed Rosella Platycercus adscitus
マミジロカルガモ
Pacific Black Duck Anas superciliosa
ムギワラトキ
Straw-necked Ibis Threskiornis spinicollis
ムナグロ
Pacific Golden Plover Pluvialis fulva
メガネコウライウグイス
Australasian Figbird Sphecotheres vieilloti
メダイチドリ
Lesser Sand Plover Charadrius mongolus
モリツバメ
White-breasted Woodswallow Artamus leucorynchus
ヤドリギハナドリ
Mistletoebird Dicaeum hirundinaceum
ヤブツカツクリ (固有種)
Australian Brushturkey Alectura lathami
ヨコフリオウギビタキ
Willie Wagtail Rhipidura leucophrys
ライチョウバト (固有種)
Squatter Pigeon Geophaps scripta
ワライカワセミ (固有種)
Laughing Kookaburra Dacelo novaeguineae
Torresian Kingfisher
Torresian Kingfisher Todiramphus sordidus
ご回答ありがとうございます
1人が「役に立った」と答えています

コメント

コメント履歴 {{ comments.length }}

{{ comment.account.name }} {{ comment.account.name }} {{ comment.created_at }}
{{ comment.context }}
あなたも野鳥ライフを記録しませんか?
プロフィール
まだまだ勉強中なので種類が間違っていたら教えて下さい//2015年4月頃、野川(世田谷区)周辺で鳥見開始//2017年4月頃機材購入 Nikon D500+Tamron A022//ライフリストは767種ほどですが日本では325種(都合上、日本鳥類目録ではなくIOC BIRDLIST基準で、亜種は含めず)//フィールドノートの活用がメインで写真は一日一回を目標に投稿していきます
最近書いたフィールドノート
エゾビタキは見つからなかったけどキビタキ♀が一羽だけ見られた
鷹の渡り観察に青梅へ。初訪問です。 サシバがちらほら飛ぶけどかなり遠い。 何回か近くを通過してくれた…
最近、近所を散歩するだけのときはカメラを持ち歩かないので記録のみのフィールドノートが続いています。今…
久々にイソシギを見かけた。 カワセミは2羽見れた。
航路探鳥のために折り返し待ち時間で少し鳥を見る。30分ぐらいしか時間ないからちょっと歩くだけでいつも…
最近暑くて鳥見に出かける気力があまりわかないので航路探鳥してみることに。大苫だとオオトウゾクカモメが…