分類・種名

和名
アオジ (青鵐)
英名
Black-faced Bunting
学名
Emberiza spodocephala
保存状況評価
LC 低リスク
「低懸念」<低危険種>

生息地・分布

インド北部、中国、台湾、朝鮮半島、日本、ネパール、ブータン、ロシアなど。 夏は中国北部やロシアなどの比較的涼しいエリアに生息し、冬になると中国南部や台湾などの温かいエリアに渡り、生活をする。 日本では夏は本州の北側に生息し、冬には本州南部に渡る。

実際に観察された地域

北海道 青森県 岩手県 宮城県 山形県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 徳島県 香川県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 鹿児島県

生息環境

丘陵地や山地の森林や林に生息する。 北海道を除く日本の北側では標高1000メートル程度の山地で、通年生息している。 東京などの都心部でも、冬ならば自然が豊かなエリアで確認することができる。

形態・特徴

全長は14センチから16センチ程度。 体重は16グラムから25グラム程度。 体の上面は茶色く黒い縦縞模様が入っており、腹部は黄色い羽毛で覆われている。 上嘴が黒褐色で、下嘴が淡い褐色で上下で色が違っている。

メス
オスと違い、目の周りやくちばしの下が黒くない
撮影者: Trio 撮影日: 2015-05-18 撮影場所: 明治神宮
オス
メスと比べると、目の周りやくちばしの下が黒い
撮影者: Trio 撮影日: - 撮影場所: 明治神宮

鳴き声・さえずり

冬場は「ヂッ・・・ヂヂッ」と地鳴きする

その他生態

情報が記載されていません

写真一覧 800枚