分類・種名

和名
メジロ (目白)
英名
Japanese White-eye
学名
Zosterops japonicus
保存状況評価
LC 低リスク
「低懸念」<低危険種>

生息地・分布

東アジア(日本、中国、朝鮮半島、台湾など)から東南アジア(主にベトナム、タイ、フィリピン)にかけて分布する留鳥、漂鳥。冬にはミャンマーなどでも見らえる。

実際に観察された地域

北海道 宮城県 秋田県 山形県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 山口県 徳島県 香川県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 鹿児島県 沖縄県 チエンマイ県(タイ) サムットプラーカーン県(タイ) 台中市 (臺中市)(台湾) 台北市 (臺北市)(台湾) 新北市(台湾) 香港(香港)

生息環境

日本では冬季の寒冷地を除く全国で市街地の公園から山地にまで幅広く分布する。

形態・特徴

全長約12 cmで翼開長は約18 cm。スズメよりも小さい。 名前の通り目の周りが白い毛で覆われているのが特徴。目は黄色い。頭から尾にかけて緑色で腹は白い。雌雄同色。

鳴き声・さえずり

少し高めに「ッチーィ」と鳴く。

その他生態

シジュウカラやエナガなどと混群を作り移動することがある。

写真一覧 1168枚